労災事故が起きたら

労災事故が起きたら
(参考:労災保険の給付について)

STEP1
労災事故発生時
  1. まずは医療機関(※)を受診してください。窓口で「労災保険特別加入者証」(電子加入者証)を提示のうえ、「労災事故」(業務中あるいは通勤途上)であることを申し出て診察を受けてください。
    • 医療機関には2種類(労災指定医療機関と労災指定でない医療機関)あり、それぞれ手続きが異なりますのでご留意ください。
    1. 労災指定の医療機関の場合
      無料で診察が受けられます。この場合、所定の労災保険請求書(様式5号又は様式16号の3)を医療機関へ提出します。詳しくは、医療機関の窓口で説明が受けることができます。
    2. 労災指定でない医療機関の場合
      本人が掛かった費用の全額を一旦支払い、その領収書・診療報酬明細書を所定の労災保険請求書(様式7号又は様式16号の5)に添えて労働基準監督署へ提出することになりますので、領収書・診療報酬明細書は必ず保管しておいてください。
      • 労災では健康保険との併用は認められません。健康保険を使って受診、お支払いされますと、後で労災への切り替え手続きが必要になり、本人および医療機関にとって煩雑さを伴う可能性がありますので、ご注意ください。
  2. 受診後、事故の状況について「事故発生連絡票」にて当センターにご報告ください。事故の状況等について更に詳細な情報が必要になる場合や、今後の対応等も含めたやり取りは、原則メールとさせていただきます。また医療機関とのやり取りは、本人または家族が主体として行っていただきます。
STEP2
労災の請求手続き
  1. 「事故発生連絡票」およびその他得られた情報に基づき、当センター所属の社会保険労務士が保険給付請求書類を原則無料で作成支援します。なお、事故の内容の確認作業は行いませんので、正確な情報提供をお願いいたします。
  2. 通勤途中に交通事故に遭ったり、仕事で道路を通行中に落下した物に当たるなどして負傷する場合は、労災保険制度上の「第三者行為災害」にあたりますので、保険給付を受けるに当たり、労災保険給付請求書に加えて所定の書類(「第三者行為災害届」等)の提出が必要となります。

    特に交通事故の場合、加害者側の自動車保険を使用した損害賠償と労災保険給付の支給調整などが発生する場合がありますが、それに関しては一切関与いたしません。
  3. 作成された請求書類は、本人またはご家族宛てにお送りしますので、お住まいを管轄する労働基準監督署への提出は本人または家族の方で行っていただきます。
    • 申請書類によっては医療機関の証明を取り付けるものがありますので、その手順を踏まえて労働基準監督署へ提出いただくようお願いいたします。
  4. 芸能活動と並行してアルバイトをしているダブルワーカーの方は、一方の事業所で労災が発生して労務不能になった場合、他方の事業所での収入分も加味して、休業補償が受けられるようになります。つまり、芸能従事者として特別加入していることで「複数事業労働者」と扱われ、アルバイト先での収入分も加味され、休業補償が受けられるようになりますので、その際はアルバイト先での収入分を証明する資料(賃金台帳や出勤簿など)を揃えていただく必要があります。
  5. 請求手続き後は、労働基準監督署が審査することになりますので、当センターとしては進捗状況についての確認はできません。最終的な労災認定や補償内容については労働基準監督署長の決定となりますこと、ご了承ください。
参考
(参考)労災保険の給付について

業務災害または通勤災害にあった場合には労災保険から給付が受けられます。
給付内容について、事例を交えたものを参考までに掲載しておきますのでご確認ください。

労災保険の給付について

ページトップへ戻る